0
En 0  
1915年|林先塗さんが「直養蜂場」を成立しました

1940年| 林宜鐘さんが日本の「株式会社秋田屋本店」に赴き、養蜂技術と器具の製造技術を習得。
1950年| 林宜鐘さんが台湾に帰って三兄弟の中で、名前の中の”宜”で「三宜養蜂場」を成立しました
1962年| 林宜欽さん(林宜鐘の三人目弟)一代目の養蜂技術を伝承して、今までやってきました。

1963年| 林宜鐘さんは、台湾の養蜂農家を指導し、ローヤルゼリーを生産し、日本やヨーロッパへ販売を開始。台湾で影響力のあるローヤルゼリーサプライヤーとなる。
1969年| 林宜鐘さんは“台湾養蜂協会”の元老の一人です
1970年| 林宜鐘さんは「利群貿易株式会社」を成立し、台湾の輸出業者の1つです
1975年| 三宜は巣箱製造工場を成立し、当時に台湾で唯一の企業で経営する蜂具場

1976年| 三代目が「厚順貿易会社」を成立し、台湾の養蜂生産品を多い国まで広げ始めました
1978年| 三宜はタイの清邁会社とパートナーになって、養蜂器具をタイまで輸出しました
1986年| 林宜鐘さんは日本東京の池袋で「株式会社東亞園」を成立し、日本関東地区蜂生産品関連事業を開拓しました。
1996年| 養蜂事業は嘉義県太保まで広げて、蜂蜜濃縮技術を導入しました。養蜂器具をもっと開発して、養蜂器具の量販店になりました。
1998年| ドイツの関連器械を導入して、日本で器械を検査しました。
2001年| 自動化生産技術を導入すて、生産力を上げて東南アジアのワックスの必要な量を満たします。
2006年| 四代目と苗栗の農業改善場と提携して「蜜堂塗るジャム商品」を開発し、「蜜堂ブランド」を展開しました。
2007年| HALAL認証を取って、SO 9001 & HACCP食品危害分析ポイント管理システムを立てました。
2010年| 「蜜堂HoneyFarm」というブランドで百貨店に進駐して、台北国際食品展覧会を参加しました。
2012年| 「皇鶴貿易株式会社」を成立し、嘉義市「檜意森活村」で進駐しました
2013年| 三宜はタイと日本で多くの養蜂器具特許を取得。
2014年| 「三宜蜂業株式会社」を成立しました
2015年| 皇鶴貿易有限公司 が 最先端の蜜蝋機器を導入。
2016年| 三宜蜂業有限公司は食品安全検査機器を導入し、第二工場拡張を計画